スベンスマルク効果(スベンスマルク説)
=宇宙線説
=太陽活動が正解と考えられるこれだけある根拠

So many reasons why the solar activity theory, i.e. the galactic cosmic ray theory is the correct answer


                                                         Return to the top of this website(このサイトのトップページへ戻る)

現在も含めて、地球の気候を大きく支配してきたそのメカニズムは、雲の量の変化による太陽光の反射の変化によるものだったと考えられます。
Including present time, the mechanism which has been principally ruling the climate of the earth is considered to be the variation of the amount of clouds which reflects sunlight.

1.空気中の水蒸気に宇宙線がぶつかると雲が発生し、特に上空3キロ程度までの雲は太陽光を大きく反射し地球を寒冷化させます。
The wator vapor in the atmosphire hit by the cosmic ray makes clouds. And the cloud which is in the lower sky between the surface and about 3-kilo-meter above especially reflects the sunlight and cools the earth.

2.故に宇宙線の侵入量が多いほど雲の発生が多くなり地球は寒冷化し、逆に宇宙線が少ないほど雲の発生は少なくなり地球は温暖化します。
So, the more cosmic rays coming, the more clouds and the cooler the earth is. Oppositely, when less cosmic rays, less clouds, then the earth will get warmer.

3.その宇宙線の侵入量を大きく左右するのは、太陽風や、太陽の磁場であり、これらが強いほど宇宙線は太陽系に流入しにくくなります。
What largely controls the amount of cosmic rays is the solar wind and the solar magnetic field. The stronger they are, the more difficult for the cosmic rays to come into the solar system.

4.つまりは太陽活動に起因する事になり、その活動強度は概ね黒点活動と一致します。そして黒点数が多いほど宇宙線が減るので地球は温暖化、黒点が少ないほど宇宙線が増えるので寒冷化します。
After all, it comes from solar activity, which strength argees with sun-spot activity on the whole. And when more sun-spots decrease cosmic rays, the earth gets warmer, and when less sun-spots, the earth cooler.

5.これらをまとめると、宇宙線が地球に侵入する量の変動が地球の気候を変動させる、と結論できます。
To get these in shape, we can conclude that cosmic ray flux coming through the earth changes the earth's climate.


『宇宙線説を確信させる強力なエビデンス-1』
The strong evidence convincing the galactic-cosmic-ray theory - 1


The persistent role of the Sun in climate forcing (Reply to Lockwood and FrÄohlich)

Henrik Svensmark and Eigil Friis-Christensen / Danish National Space Center
(http://www.space.dtu.dk/upload/institutter/space/research/reports/scientific%20reports/dnsc-scientific_report_3_2007.pdf)


太陽の確固たる気候への強制力(ロックウッドとフローリッチへの返事)

ヘンリク・スベンスマルク、エイジェル・フリース・クリステンセン/ダニッシュ・ナショナル・スペース・センター(デンマーク)

図1と図2


FIG. 1 (left): The solar cycle is represented here in red by Haleakala/Huancayo cosmic ray counts, inverted (ref. [3]). In temperature variations other than those in the surface record favored by Lockwood and FrÄohlich, the Sun's influence remains obvious. The tropospheric data are for 850 to 200 hPa (ref. [4]) and the ocean data are from the Simple Ocean Data Assimilation (SODA ref. [5]). There is no detrending of the data. Note also an apparent cooling of the ocean near-surface water since the 1990s.

FIG. 2 (right): The solar cycle and the negative correlation of global mean tropospheric temperatures with galactic cosmic rays are apparent in this ESA-ISAC analysis (ref. [2]). The upper panel shows observations of temperatures (blue) and cosmic rays (red). The lower panel shows the match achieved by removing El Nin~o, the North Atlantic Oscillation, volcanic aerosols, and also a linear trend (0.14±0.4 K/Decade).


図1:太陽周期は、Haleakala(ハワイ)とHuancayo(ペルー)でモニターされた宇宙線量として、赤いラインで示されています(リファレンス3)。気温変化はロックウッドらが好んで採用した地表データではなく、バルーンゾンデによるデータを採用(HadAT2、計測器を付けた風船を空中に飛ばしてそのデータを採取)、太陽の影響力が継続している事は明白である。この対流圏のデータは850-200hPaの高度分に相当する(リファレンス4)。海洋(の表層温度)のデータはSODAから入手しました(リファレンス5)。この海洋のデータには、太陽活動とのズレがありません。海面表層温度の明確な低下傾向が、1990年以降から継続している事に注意してください。

図2:宇宙線による、太陽周期と世界平均の対流圏の気温との逆相関は明確で、ESA-ISAC研究にて示されました(リファレンス2)。図の上段は気温(青い線)と宇宙線(赤)の観測データを示しています。図の下段はエルニーニョ、北大西洋変動、火山活動によるエアロゾルによる影響、
そして10年あたり0.14度(絶対温度)による傾向を排除した後、得られる相関関係を示しています(この部分を2009/5/31、AM11:40に訂正)


『宇宙線説を確信させる強力なエビデンス-2』
The strong evidence convincing the galactic-cosmic-ray theory - 2

Cosmoclimatology: a new theory emerges
Henrik Svensmark / Danish National Space Center
http://www.spacecenter.dk/research/sun-climate/Scientific%20work%20and%20publications/svensmark_2007cosmoClimatology.pdf


宇宙気候学:新理論の誕生

ヘンリク・スベンスマルク/ダニッシュ・ナショナル・スペース・センター(デンマーク)

図3


3: As in figure 2, the lowcloud comparison extends over a longer period.

図2にある、低空の雲(=青)と宇宙線(=赤)の比較を更に延長して比較したもの。
(当サイト製作者補足:低空の雲量と宇宙線量との強い相関が継続している、98年の雲量の大きな変化はエルニーニョの影響によるものと考えられる)


『宇宙線説を確信させる強力なエビデンス-3』
The strong evidence convincing the galactic-cosmic-ray theory - 3


Strong coherence between solar variability and the monsoon in Oman between 9 and 6 kyr ago

U. Neff, et.al / Heidelberg Academy of Sciences, Im Neuenheimer Feld 229, Heidelberg, Germany
http://www.nature.com/nature/journal/v411/n6835/full/411290a0.html


9000-6000年前のオマーンにおける、太陽活動とモンスーンの強固な相関関係

Neffら/ヘイデルベルグ科学アカデミー、ドイツ


(図は『Nature, Not Human Activity, Rules the Climate』より引用 http://www.heartland.org/custom/semod_policybot/pdf/22835.pdf)
(This figure is referred to the article "Nature, Not Human Activity, Rules the Climate", http://www.heartland.org/custom/semod_policybot/pdf/22835.pdf)

Variations in the amount of solar radiation reaching the Earth are thought to influence climate, but the extent of this influence on timescales of millennia to decades is unclear. A number of climate records show correlations between solar cycles and climate, but the absolute changes in solar intensity over the range of decades to millennia are small and the influence of solar flux on climate is not well established. The formation of stalagmites in northern Oman has recorded past northward shifts of the intertropical convergence zone, whose northward migration stops near the southern shoreline of Arabia in the present climate. Here we present a high-resolution record of oxygen isotope variations, for the period from 9.6 to 6.1 kyr before present, in a Th–U-dated stalagmite from Oman. The 18O record from the stalagmite, which serves as a proxy for variations in the tropical circulation and monsoon rainfall, allows us to make a direct comparison of the 18O record with the 14C record from tree rings, which largely reflects changes in solar activity. The excellent correlation between the two records suggests that one of the primary controls on centennial- to decadal-scale changes in tropical rainfall and monsoon intensity during this time are variations in solar radiation.

地球に到達する太陽放射量の変化は、気候に影響を与えると考えられていますが、1000年から10年単位といった時間単位でのその影響力の程度は未知数です。太陽周期と気候についての相関が複数の過去の気候記録から見られますが、10年から1000年間単位にわたる太陽活動の強度の純粋な変化は小さいため、太陽変動が気候に与える影響については、十分には確立されていません。オマーン北部で採取した石筍の形成過程には、亜熱帯の地域が北部へ移動していった過程が記録されていて、その北部への移動は現在の気候によって、アラビアの南部の海岸線で止まっています。私達はこの研究で酸素同位体の変化の高解像度の分析記録を発表いたします、その期間は9600年前から6100年前の間に渡り、オマーンで採取した石筍をTh-U年代測定法(Th=トリウム、U=ウラン)によって解析したものです。O18(酸素18)の記録は、熱帯の循環とモンスーンによる降雨の変化の代替指標となります。そしてO18と樹木の年輪からのC14(炭素14)との直接比較が可能となり、それらの比較は太陽活動の変化を大きく反映しています。この2つの記録で見られる素晴らしい相関関係は、熱帯におけるその当時の100年から10年単位での降雨とモンスーンの強度を、第一に支配していたのは太陽放射だった、事を示しています。

(当サイト製作者補足:相関関係が因果関係を証明するとは限りません。しかし明らかに強力な相関があり、しかも科学的になんらかの因果関係がもともと想定される場合においては、その相関は偶然で起こったのではなく、明らかに何らかの因果関係が存在すると考えれらます。)


『宇宙線説を確信させる強力なエビデンス-4』
The strong evidence convincing the galactic-cosmic-ray theory - 4


Celestial driver of Phanerozoic climate?
Nir J. Shaviv, Racah Institute of Physics, Hebrew University of Jerusalem
Ján Veizer,Institut für Geologie, Mineralogie und Geophysik, Ruhr Universität, and Ottawa-Carleton Geoscience Centre, University of Ottawa
http://www.phys.huji.ac.il/~shaviv/Ice-ages/GSAToday.pdf
http://www.gsajournals.org/perlserv/?request=get-document&doi=10.1130%2F1052-5173(2003)013%3C0004:CDOPC%3E2.0.CO%3B2


顕生代の気候を天空が支配していた?

ニアー・シャヴィーヴ/ラカー物理研究所(ヘブライ大学、エルサレム)
ヤン・ヴァイツァー/地質、鉱物、地球物理学研究所(ルール大学)、オタワ・カールトン地球物理学研究所(オタワ大学)

図2


Figure 2. The cosmic ray flux (Φ) and tropical temperature anomaly (ΔT) variations over the Phanerozoic. The upper curves describe the reconstructed CRF using iron meteorite exposure age data (Shaviv, 2002b). The blue line depicts the nominal CRF, while the yellow shading delineates the allowed error range. The two dashed curves are additional CRF reconstructions that fit within the acceptable range (together with the blue line, these three curves denote the three CRF reconstructions used in the model simulations). The red curve describes the nominal CRF reconstruction after its period was fine tuned to best fit the low-latitude temperature anomaly (i.e., it is the “blue” reconstruction, after the exact CRF periodicity was fine tuned, within the CRF reconstruction error).
The bottom black curve depicts the 10/50 m.y. (see Fig.1) smoothed temperature anomaly (ΔT) from Veizer et al. (2000). The red line is the predicted ΔTmodel for the red curve above, taking into account also the secular long-term linear contribution (term B × t in equation 1). The green line is the residual. The largest residual is at 250 m.y. B.P., where only a few measurements of δ18O exist due to the dearth of fossils subsequent to the largest extinction event in Earth history. The top blue bars are as in Figure 1.


顕生代における、宇宙線の変化と、熱帯の気温の変化。上段の曲線は、隕石の鉄鉱が宇宙線に被爆した時代のデータから再構築された、宇宙線の変化(シャヴィーヴ、2002b)。青い曲線ラインは当時の最低量だったと考えれらる宇宙線量を描写していて、一方、黄色の帯は誤差範囲を描写しています。点線で示された2本の曲線は許容範囲内で追加した宇宙線変動の再構築ラインです(青い曲線ラインを含めたこれらの3本の曲線は、過去の宇宙線変動のモデルシミュレーションに使用された3つの宇宙線変動再構築ラインを意味しています)。赤い曲線は低緯度の気温変動とその周期に対して最もフィットする様に調和させた、最低量の宇宙線変動を示しています(つまり、青い曲線で示した再構築ラインを、誤差範囲内において、当時の周期性によくフィットする様に調整したもの)。
下段の黒い曲線は、温度変化について、前後の5千万年平均を計算する事で変動を平坦化させ(図1)、その平均温度を1千万年ごとに表していったもので、2000年にヴァイツァーらによって発表されたものです。赤いラインは、上段の赤い曲線(宇宙線)で推測される温度変化を表わしていて、『 term B × t 』という数式で表わされる、いわゆる長期の直線的な変化による影響も考慮しています
(当サイト製作者補足:これは論文の本文に詳しく書かれているのですが、気温変化のモデルは、 ΔTmodel = A + B × t + C × ƒ(pCO2(t)) + D × g (Φ(t,P0)) という方程式から来ていて、この”B x t”、という変数による影響も、この赤い曲線は考慮していますよ、という意味)。緑のラインは差です(つまり黒-赤)。最大差が2億5千万年前に生じていていますが、その時代は地球の歴史上最大の絶滅イベントが起こった結果であろう、O18が測定できる化石材料が数個しか無いほど不足しています(当サイト製作者補足:つまり温度の再構築データの材料が乏しいため、黒い線=地質化学による再構築データによる温度が、この時代は特に高くなっている)。一番上にある青い帯は図1に示したのと同じです(当サイト製作者補足:つまり地球がアイスハウスモード=寒い時代だった事を示していて、青色が濃いほど寒かった)

(当サイト製作者補足:この4つめのエビデンスの引用元の論文にもありますが、実はこの6億年近い長期間の間、CO2と気温の変動とは、ほとんど一致していません。一方、これまで紹介しました通り、これら4つのエビデンスを踏まえますと、この6億年という太古の昔から現在に至るまで、気温の変動は宇宙線の変動と大きく一致しています。これらから、CO2は気候には殆ど影響を与えないことは明らかであり、気温との変動と強く相関してきた宇宙線が、気候変動の原因の正体だった事は明白です。)


==以下は宇宙線説に対する主だった反論者とその問題点の暴露==
As follows, the scientists opposing to the cosmic-ray theory, and the exposures of the problems of their theories.

『1』 Mike Lockwoodと Claus Frohlich

マイク・ロックウッドとクラウス・フローリッチ

このページの1番目のエビデンスのタイトル(Reply to Lockwood and FrÄohlich)にもある通り、デンマークのスベンスマルク氏とクリステンセン氏らが、この2名に対して既に論破しています。
As the title of the first evidence in this page shows "reply to Lockwood and FrAohlich", Dr. Svensmark and Dr. Christensen had already debunked them.

更に、この2名、ロックウッドとフローリッチは、2007年4月にThe Royal Societyへ宇宙線理論への反論論文、『逆の方向性を示している、近年の全世界の地表の平均気温と太陽の影響力』 (Recent oppositely directed trends in solar climate forcings and the global mean surface air temperature http://publishing.royalsociety.org/media/proceedings_a/rspa20071880.pdf)を発表していますが、この論文には致命的なデータ改竄があったため、すでに論破されています(以下の3つの図を参照)。
What's more, these two guys, Lockwood and FrAohlich presented the article in "the Royal Society" auguing against the cosmic-ray theory on April, 2007, "Recent oppositely directed trends in solar climate forcings and the global mean surface air temperature (http://publishing.royalsociety.org/media/proceedings_a/rspa20071880.pdf)". But there were the critical errors of doctoring the data, it has been also already debunked (please refer to three figures below).



上記は『ロックウッドとフローリッチの論文への批判』より引用
(A CRITIQUE ON THE LOCKWOOD/FROHLICH PAPER in the Royal Society proceedings)http://scienceandpublicpolicy.org/sppi_reprint_series/a_critique_on_the_lockwood_frochlich_paper_in_the_royal_society_proceedings.html
右の大きい方の図がもともとの宇宙線の図であり(青いライン)、このラインを滑らかにすると左の赤いラインの様になる、とロックウッドとフローリッチの2名は説明していますが、実際には全く違います。この全くおかしな形にした宇宙線の変化と気温の変化(左図の下側、青いライン)はまったく相関しないので、宇宙線と気温との関連はない、とこの2名は結論しているのですが、この気温変化自体も現実を反映していません(NASA-GISSや英CRUの地表温度記録でさえ、実際はここまでの直線的な形はしていない、93年のピナツボ火山噴火による寒冷化や98年のエルニーニョによる上下が反映されていないからです)。
The figures above are referred to "A CRITIQUE ON THE LOCKWOOD/FROHLICH PAPER", (http://scienceandpublicpolicy.org/sppi_reprint_series/a_critique_on_the_lockwood_frochlich_paper_in_the_royal_society_proceedings.html).
The right bigger figure shows the original cosmic ray (the dark blue line), they explain that the red line of the left figure is the result of smoothing the data of the blue line. But actually, these two lines are totally different. They also explain and conclude that this "weird shaped" flux of the cosmic ray does not correlate at all with the temperature change (the lower light blue line in the left figure), and that there is no relation between the cosmic ray and the temperature. But even this figure of the temperature does not represent the reality (In fact, even the surface temperature data of NASA-GISS or CRU does not shape like this straight, this does not refrect the cooling effect of Pinatubo eruption in 93, nor warming effect of ElNin~o in 98.).


次の図は『”不規則な太陽”は近年の気候変動の原因から除外できない、ロックウッドとフローリッチの2007年論文にある5つの重大な科学的間違い』より引用
The “unruly sunne” cannot be ruled out as a cause of recent climate variation, Five serious scientific errors in Lockwood and Frohlich (2007)
http://scienceandpublicpolicy.org/sppi_originals/the_unruly_sunne_cannot_be_ruled_out_as_a_cause_of_recent_climate_variation.html
左側が彼らも論文内で示している宇宙線や温度関係のもともとのデータであり、右側のカラー図は、左側にある元のデータをスムーズにするとこんな形になる、という説明をしていて、これが上記左図の宇宙線と気温のラインになっていますが、実際には全然違います。しかも、比較する温度変化についても、表層の記録測定所で測定した温度を採用する時点で、信頼性が極度に落ちます。最低限、衛星かバルーンのデータを用いるべきです。
The figure below is referred to "The “unruly sunne” cannot be ruled out as a cause of recent climate variation / Five serious scientific errors in Lockwood and Frohlich (2007)"
http://scienceandpublicpolicy.org/sppi_originals/the_unruly_sunne_cannot_be_ruled_out_as_a_cause_of_recent_climate_variation.html
They explain that the left half is the figures of the original data they show and use in the paper, that the colored right half is the smoothed shape of the left half, and that this represents the lines of the cosmic ray and the temperature in the left figure mentioned above. But in fact, definitely different. Moreover, the credibility of the arguement by using the surface temperature data to be compared collapses significantly. They should at least use the data derived from the satelite or the balloon.




ロックウッドとフローリッチへの結論:つまりこれら2名は、こういったちょっと見ればわかるデータ改竄を平気でやってくる科学者らですので、今後この2名の名前や論文を『温暖化人為説、CO2説やその脅威を主張する人々』が引用してきたとしても、もう二度と信用するには値しない、と指摘すれば事足りるでしょう。
The conclusion to Lockwood and Flohlich : they are the special scientists that can without scruple doctor the data , even though it is easily debunked by someone watching with a little caution. So, it is good enough just only to point out that they are never credible again when we see these two names and the paper referred by the manmade-global and CO2 warming alarmists.


『2』Jon Egill Kristjansson
ジョン・エイジェル・クリスチャンソン

この科学者については、以下の報道と論文が焦点となります。
The broadcast and the article is to be focused on about this scientist.

・The broadcast : Cosmic Rays Do Not Explain Global Warming, Study Finds
http://www.sciencedaily.com/releases/2008/12/081217075138.htm

報道:宇宙線は地球温暖化を説明出来ない、研究により明らかにされる

・The article : Cosmic rays, cloud condensation nuclei and clouds – a reassessment using MODIS data
http://www.atmos-chem-phys.net/8/7373/2008/acp-8-7373-2008.pdf

論文:宇宙線、雲の凝結核、そして雲-MODISデータを用いた再検討

上記の論文の要旨は次の通りです。
The essence of the article above is as follows.

・宇宙線の流入量が急激に減少する過去22回のForbushイベントにおいて、各地域での雲量の変化を詳細に検討したが、宇宙線の変動と雲量の変動には明確な相関が見られなかった
In the past 22 Forbush events in which the cosmic ray flux changes dramatically, the change of cloud-amount is reassessed carafully, there was not clear correlation between the cosmic ray flux and the amount of the cloud.

・つまり宇宙線の流入量が雲量を左右する、という仮説は間違っている
So, the hyperthesis in which the variation of incoming cosmic ray controls the cloud-amount, is wrong.

・故に宇宙線理論では、最近の気候変動を説明できない
Therefore, the cosmic ray hyperthesis can not explain the climate variation in the modern times.


しかし、この論文の内容や視点自体にも、大きな問題があります。それらを列挙すると
But there are serious problems in the content of this paper and in the view itself. For example as follows,

・そもそも、上記エビデンス2で紹介しました通り、スベンスマルクは短期的な相関ではなく、全世界での長期的な相関を提示しています。短期的にズレが発生するのは不自然ではありません。例えばその場に雲を十分に作るだけの水蒸気が飽和されていない事は、往々にしてありえるからです。故に、より詳細な研究をする事への意味がないとは言えませんが、この視点からは、その研究も含めて、宇宙線説を否定する根拠にはなりません。
Fundamentally like the evidence 2 introduced above, Dr. Svensmark presents long-term and worldwide correlation rather than the short-term. It is not unnatural that the short-term discrepancy occurs. For example, it it frequent that water vapor is not supersatureted enough to form clouds in the limited area. So, even though we can not say it is not worthwhile to investigate more deeply, the auther's viewpoint including the study itself can not be the basis to deny the cosmic-ray theory.

・更に、この論文の結論P13に、『
低高度の雲』という言葉が突然に出てきます(全体の結論として、それぞれ独立した統計学的なテストによって、宇宙線から大きく影響を受けやすいと考えられる南半球の海洋上の低高度の雲が、Forbushイベントにおいて明らかな関連は無かった)、『The overall conclusion, built on a series of independent statistical tests, is that no clear cosmic ray signal associated with Forbush decrease events is found in highly susceptible marine low clouds over the southern hemisphere oceans.』。しかし、この論文では、方法論の部分(P3-5)はおろか、雲の高度についての具体的な説明はどこにも一切されておりません。一方、上記エビデンス2で紹介したスベンスマルクの論文では、上空3.2kmまでと明言されています。雲は高度によって気候への効果や宇宙線との相関が変わってしまいますので、この『高度』が一番肝心な部分なのです。この一番肝心な『高度』についての記載が無い時点で、クリスチャンソンが提示したこの論文の根拠は無くなります。
Moreover, the word "low clouds" suddenly appears in the conclusion of this paper, "The overall conclusion, built on a series of independent statistical tests, is that no clear cosmic ray signal associated with Forbush decrease events is found in highly susceptible marine low clouds over the southern hemisphere oceans.". But there is no concrete word explaining the altitude of the clouds in the article, not only in the methodology at P3-5 but also in the all before the conclusion. On the other hand, in the article by Dr. Svensmark shown in the evidence 2 above, it is clearly explained "the clouds lower than 3.2 kilometers". The cloud influences to the climate and the correlations with the cosmic ray differ by the altitude, so the "altitude" is the most crucial. Because the word and the explanation of "altitude" is missing, there is no basis on the Kristjansson' paper.


クリスチャンソンへの結論:故に、このクリスチャンソンの反論も、その前提自体が崩壊している事になります。
The conclusion to Kristjansson : Therefore, the basis for criticization by Kristjansson is crumbled.

こういう根拠のあやふやな研究自体で税金を浪費させられているその国の人々は不幸だと思います。そして、こういう内容を平気でメディアに知らせる当人、そして同時に報道するメディアも罰せられるべきでしょう。
I feel sorry for the people whose tax is abused on the "baseless" study. And I think that the guy himself informing the media without scruple of such a content, and the media itself broadcasting, must be punished at the same time.


ちなみに、クリスチャンソン氏は、オスロ気候研究グループの一員であり http://ocg.met.no/OCG_Kristjansson.htm
Additionally, Dr. Kristjansson is a member of Oslo Climate Group, http://ocg.met.no/OCG_Kristjansson.htm

ここのメンバーには、Rasmus Benestadが在籍していて http://ocg.met.no/OCG_Members.htm

This group includes Mr. Ramus Benestad, http://ocg.met.no/OCG_Members.htm

このBenestad氏は改竄データによるホッケースティックグラフをプロパガンダしたマイケル・マンらが主催するRealclimate.orgにも所属している http://www.realclimate.org/index.php?p=50
Mr. Benestad is also a memer of the "realclimate.org" which is managed mainly by Mr. Michael Mann who propagandized the hockey-stick graff created by fraud data manipulation, http://www.realclimate.org/index.php?p=50.

更にこのオスロ気候研究グループのトップページからは、IPCCや前述Realclimate.orgにも直結リンクしており http://ocg.met.no/ その関係が伺い知れます。
Moreover, the top page of the website of Oslo climate Group direcly links with IPCC and realclimate.org mentioned above, we can easily imagine the relationship between them, http://ocg.met.no/ .

==宇宙線説へ反論している科学者らの特徴のまとめ==

The conclusion of the characteristics of the scientists opposing to the cosmic-ray theory


こういった”反論にもなっていない”反論の本質を考えますと、データ改竄や作り話というレベルの話であり、もはや科学とは言えません。また、そこまでしてくるレベルの科学者によるかく乱でもあり、そこまでしても宇宙線説を邪魔し、つぶしたい、そういう意図があると第三者から考えられても仕方ありません。
Considering the essence of their arguments virtually that are not even the proper scientific arguments, it is just the level of fraud data operation and myth creation, rather than science. And it is a kind of disturbance made by those scientists that do such a fool, maybe what they really want to do is to break and disturb the cosmic-ray theory. It is unavoidable for the third party to speculate that those people have such a intention.


==その他、地球温暖化議論に係る注意事項==

Other advices on the global warming debate


・利害の激しい対立がある事項については、Wikipediaの情報はもはや信用してはいけません。なぜなら既に科学者でさえ、自身のサイトや論文で平気でウソを書いている状況ですから、誰が書いたか全く不明のWikipediaは到底信頼できるものではなくなります。Wikipediaは数学や物理の公式など、利害の関係のない分野について、辞書的に引用する位に留めましょう。
We can not trust wikipedia anymore on the matter in which there are intense conflicts of the interestes. Since it is the situation that even the scientists are making lies on their websites and articles without caring it, so wikipedia by whom it is editted is unknown is no longer credible. We can just limit the use wikipedia by checking something without the conflict of interests, such as the formulas of math and physics, and so on.

・また、やたらRealclimate.orgやIPCCを引用する人やサイト、ブログも、信用してはいけないか、もしくは事情を知らないからだと考えられます。特にRealclimate.orgの情報を多用する人は、そちら側からの工作活動をする人物である、という可能性も含めて対話するのが妥当でしょう。
And we must not trust the guys, websites, blogs, that often refer to realclimate.org or IPCC. Or they might not know the circumstances. Especially, people that use a lot of the information of realclimate.org would be the maneuverer of their side (so called manmade global warming alarming group), and it would be appropriate to talk to them with knowing such a probability.

・そのほか、特に信用してはいけないサイト、ブログを具体的に明記しておきます。
The websites and blogs especially that we must not trust are clearly listed below.

地球温暖化懐疑論へのコメント(東北大学、明日香氏主宰)
(The coments on the global-warming skeptics, Chaired by Mr. Asuka, Tohoku-University)
http://www.cir.tohoku.ac.jp/~asuka/

温暖化いろいろ
(To say in English, the title of the blog would be "Various talks on global warming")
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/

IPCC
http://www.ipcc.ch/

realclimate.org
http://www.realclimate.org/