米副大統領アル・ゴアによるプロパガンダ映画『不都合な真実』で主張されている人為的温暖化理論の大嘘
The big lies of the man-made global warming theory in the propaganda movie "An Inconvenient Truth" performed by the former-Vice-President Al Gore

                                          Return to the top of this website(このサイトのトップページへ戻る)

この映画によって、IPCCと共にアル・ゴア氏はノーベル平和賞まで受賞しましたが、この映画の内容は嘘だらけです。その中でも最も大きな問題、ゴア氏が温暖化が人類のせいである決定的な証拠としている部分のウソを中心に解き明かします。そして他に語られている様々な温暖化の脅威のウソについて、若干言及いたします。
With this movie, Mr. Al Gore won a Peace Nobel-Prize with IPCC, but this movie consists full of lies. The biggest probrem in it, which Mr. Al Gore says is the smoking-gun evidence of man-made global warming, is mainly debunked in this page. And some other various lies about the global warming dangers are additionally explained.

『1』南極氷床コアによる気温とCO2が相関する事による説明のウソ
The lie of the explanation of the correlation between the temperature and the CO2 in the antarctic icecore




出典:不都合な真実、書籍版より /
source : An Inconvenient Truth Japanese book version

ゴア氏はこのシーンの中で、『CO2が増えると、それだけ気温が上がる』と説明していて、上記図の中央上部にも『大気の二酸化炭素が多ければ、気温は上がる。太陽からやってくる熱のうち、大気に吸収される割合が増えるからだ』と明確に書かれている通りです。しかし、これがまず決定的な嘘です。実際は気温の変化が先行していて、CO2の変化は数百年から数千年後に後を追っています。気温が上がると海水からCO2が放出され、気温が下がると海水にCO2が吸収される、そういうプロセスがあるからです(下記は関連論文)。
Mr. Gore explains, "If there is more carbon-dioxide, the temperature gets warmer." in this scene. And as clearly mentioned above in the upper middle of the photo, "If more CO2 is in the atmosphere, the temperature gets warmer. Because the rate of the absorbed heat in the atmosphere derived from the sunlight increases.". Above all, this is the absolute lie. In fact, the change of temperature precedes, then the change of CO2 lags about several hundred years to several thousand. Because there is a natural process, in which CO2 is released from the ocean when the temperature gets higher, and CO2 is absorbed into the ocean when the temperature gets lower. (The belows are the related papers.)

◇Climate and atmospheric history of the past 420,000 years from the Vostok ice core, Antarctica / Nature 399, 429-436 (3 June 1999)
◇http://www.nature.com/nature/journal/v399/n6735/full/399429a0.html
◇南極ヴォストック氷床コアによる過去42万年の気候と大気の歴史


◇The phase relations among atmospheric CO2 content, temperature and global ice volume over the past 420 ka / Quaternary Science Reviews 20:583-589.
◇http://www.manfredmudelsee.com/publ/pdf/The_phase_relations_among_atmospheric_CO2_content_temperature_and_global_ice_volume_over_the_past_420_ka.pdf

◇過去42万年での大気中のCO2濃度、気温、そして全世界の氷床量の時期的な相互関係について


そして、このシーンの右端に、現在のCO2濃度が過去よりも遙かに高まっていることを見せつけ、未来は非常に危険な状態に陥る、と警告してきますがこれも間違いです。それが本当なら過去100年程度で30%のCO2濃度上昇があった現在は、はるかに温暖化しているはずですが、その南極では実際はほとんど温暖化していないからです。より詳しい理由は次の図で明解になります(この図を提示している論文の説明はこちら、温暖化人為説、脅威説の全体への論破も含めて一読をお勧めいたします)。
And he shows off that the present CO2 concentration is much higher than the past at the right edge of this scene, and he alarms that the future will fall into the dangerous situation. This is also a lie. If it was true, the present temperature should have been much warmer after 30% increase of CO2 concentration in the past about 100 years. But the antarctic experienced almost no warming, actually. The further detailed reasons will be offered clearly by the next figure. (This is the link to the article referring this figure. Recommended to read the refutation of the theory and the alarmism of man-made global warming.)



右英文の和訳:南極氷床コアによる気温変化とCO2上昇の変化の対比、7回の間氷期サイクルから測定された記録より(63-65);海水からのCO2の放出は計算によるもの(69)と、測定値によるもの(70);そして20~21世紀にかけて測定されたもの(10、72)。間氷期間の気温上昇は海水からの放出による(大気中の)CO2の増加を引き起こした。CO2の上昇が気温の上昇を引き起こしたのでは無い。
  (温度上昇が先で)海からCO2が放出された、という考え方とその測定値が整合している事について補足すると、この結論は20~21世紀にかけての小さな気温上昇(しかなかった)、という事実にて同様に確認できる。この7回の間氷期サイクルの間で、もし『CO2と気温の相関関係が、CO2の温室効果により温度の上昇が起こった』としたら、この20~21世紀にかけてのCO2の上昇に対する気温上昇は、7回の間氷期サイクルと同様(同じくらい上昇する)でなければならないからである(和訳終わり)。

つまりCO2が気温を上昇させた、というのが本当なら、この図の左側の3本の赤い棒グラフと同じレベル、つまり4~6度程度は、南極ですでに温暖化している筈です。何故なら、19世紀末の300ppm程度のCO2から20世紀末の400ppm程度まで30%程度上昇しているからです。しかし現実はそうではなく、南極では殆ど変化していません。右から二つ目の殆ど見えない青い棒グラフが示す通りです。そして全世界(Global)でも1度すらも上昇しておらず、実際は0.5度程度です。更に現在のCO2濃度は、過去65万年間で超えた事の無い300ppmをはるかに超えていますので(*)、この理由も含めて、現在の気温ははるかに上昇していなければならない事になります。しかし事実は全く違います。
So if it was true that the CO2 increase caused the temperature rise, the antarctic should have gotten warmer like the level of the three red bars in the left side of the figure, about 4 to 6 degree Celsius. Because the CO2 concentration has already increased about 30%, from about 300ppm at the end of 19th century to about 400ppm at the end of 20th. The fact is that the antarctic temperature has not almost changed. The blue bar almost invisible at the second right indicates it. Even the global temperature did not get warmer more than 1 degree Celsius, actually it is only about 0.5 degree. Moreover, the present CO2 concentration exceeds much more than 300 ppm which it has never exceeded in the past 650 thousand years(*). Including this reason, the present temperature must get much much warmer. But the reality is totally different.

(*)実際にはこの300ppmを超えていない、というIPCCやゴア、また便乗する科学者らの前提自体にも科学的に大きな欠陥がある事を、氷床コアの大御所から指摘されています
(*)In fact, this assumption that it has never exceeded 300ppm, suggested by IPCC and Mr. Gore and the their sided-scientists, has been pointed out to have a serious fault by the leading icecore scientist.

故に、これらの事実から『CO2の変動が気温の変動を引き起こす』とは、全く証明出来ません。
Therefore, with those facts, it is absolutely impossible to prove that the change of CO2 causes the change of temperature.

この南極のデータからはっきり言えることたった一つ、『先行する気温の変化がCO2の変化を引き起こした』に集約されます。
What we can clearly prove from this antarctic data is one thing only, "the preceding temperature changes caused the CO2 changes.".

そして、CO2の変化に対する気温の変化には一定値がありません。一定値が無い以上、南極の微小な上昇でさえ、CO2が関与した事さえも明確には言えません。つまりCO2の変化量に対する気温変化には相関がありませんから、『CO2の変化が、気温の変化を引き起こす』、というCO2温暖化論の大前提が崩壊します。CO2が温室効果ガスである事は事実ですが、最も大きな問題は、それが気候システムにどれだけの影響力があるかであり、そして事実上の影響力が無い事が示されます。
And the ratio of the temperature change by the CO2 change can not be fixed. We can not even clearly suggest that the minute antarctic warming was caused by CO2. So there is no correlation in the temperature change against the CO2 change. Therefore, the fundamental assumption of the CO2 warming theory, "the CO2 changes causes the temperature changes", collapeses. It is a fact that CO2 is a greenhouse gas. The most crucial point is that how much it is affective to the climate system, and it tells that it does not have substantial effect.

科学的にはっきりと言える事があります。 相関を示すことが因果関係を証明するとは限りませんが、相関が無い事は因果関係が無い事を証明します。
It is scientifically clear that correlation always does not prove causality, and that non-correlation proves non-causality.


ちなみに、昨今の環境・温暖化騒ぎに対して冷静な人物から、このゴアの映画へも含めて南極氷床コアの気温とCO2の関係が逆である事への批判が出た時、人為的・CO2温暖化脅威説を煽る科学者や、おそらく関係業界の人達がよく使う言い訳がありますので、その代表的なものを紹介し、同時に論破しておきます。
In addition, when someone being cool about the recent hysteria on global-warming and environment points out the opposite antarctic CO2-temperature relation including Gore's movie, there is a frequent excuse used by the people who are alarming scientists of man-made CO2 warming danger, or probably the people engaged in those fields. I will show you a typical one, and will debunk it now.

言い訳:7回の間氷期サイクルにおいて、一番寒冷化した時期から温暖化にシフトする際、その最初の段階だけ外部要因で誘発されて(太陽の影響の変化)、その温暖化によって海水からCO2が放出され、後はそれが温暖化を後押しし、更に温暖化した影響で更に海水からCO2が放出され、その繰り返しが起こった。
The excuse : When it was shifting to get warm from the coldest spot during the seven deglaciation cycle, only the first step was triggered by the outside-factor (the change of influence of the sun), then CO2 was released from the ocean by the warming caused by the first step, whose CO2 enhanced the warming, and more CO2 was released from the ocean by that warming. This cycle repeated.

論破:『最初だけ』であろうと同じことです。それだと残りの温暖化、例えば残りが10度ならそれが全てCO2の上昇によって起こった、と言っているのと同じ事であり、それは上記の図の説明により容易に論破されます。
Refutation : It is same even if only the beginning is triggered. If it was true, and for example, if the rest of the warming was 10 degree, it would be same to say that the rest of the warming was all caused by CO2 increase, then this logic is easily refuted by the figure above explained already.

こう言った作り話をしているエセ科学者集団の最たるものが、Realclimate.orgであり、まさにそういう理屈を平然とブログに載せています。彼らを信用してはいけない理由を、自ら作ってくれています。
The typical group of the pseudo-scientists creating those kinds of myth is "Realclimate.org", and they show such a theory in their blog without careing it. They are creating the reason themselves why we must not trust them.

◇作り話の例 / ◇An example of myth shown by them
◇What does the lag of CO2 behind temperature in ice cores tell us about global warming?
◇http://www.realclimate.org/index.php/archives/2004/12/co2-in-ice-cores/
◇氷床コアでの気温に対するCO2の遅れは、地球温暖化について我々に何を教えてくれるか?


また、本当にCO2にそれだけの気候への強制力があるのなら、温暖期から寒冷化に移行する場合、そのCO2が上昇させようとする強制力に逆らって、より強い寒冷化への外部要因が必要となります。具体的には太陽の放射や太陽の影響が以前よりも更に弱くなり(つまり太陽との距離が開き続けるなり、太陽が弱まり続けるなり)、それが6、7回も繰り返された、と言ったことも説明しないといけなくなります。しかし、そんな都合のいい現象は全く証明出来ないでしょう。ここまで来るともはや科学とは言えません、宗教です。
And if CO2 truly had such a forcing power to the climate, when the end of the warming period was shifting to get cooler, much more outside-factor of cooling must have been needed in order to oppose against that CO2 warming force. For example, they must explain that the solar-irradiance and the solar-effect have become much weaker than the past (so to speak, the distance between the sun and the earth expanded continuously, the sun weakened continuously, etc.), and must explain that those cycle repeated 6 or 7 times. But they will not be able to explain such "convenient" phenomena. This is not science anymore, but religion.

ドキュメンタリー『地球温暖化詐欺』のこのシーン、『つまり800年差で気温は二酸化炭素に先行しているのです』の正しさが浮き彫りになります。
At this scene of the documentary "The Great Global Warming Swindle", "So the temperature is leading CO2 by 800 year", this reality gets more proven.
◇http://jp.youtube.com/watch?v=khYk4y2Zj0A&feature=related




『2』過去1000年の気温変化の説明で使われているホッケースティックグラフの卑怯な表現方法
   そしてこのホッケースティックグラフ自体のウソ

An unfair expression of the hockey-stick graph explaining the temperature change of the past 1000 years, and the lies of the hockey-stick graph itself.




出典:不都合な真実、書籍版より /
source : An Inconvenient Truth Japanese book version


上記2つの図は、『不都合な真実』書籍版で用いられている過去1000年の気温変化に関する図で、映画でも同様の表示をしています。しかし、実際の元のグラフの形は下記の図の通りであり、特に下記の右側の図を採用している様ですが、この黄色で示されている『標準偏差』の部分と、温度変位の中心『0.0度』以上の部分の殆どを削除しています。また、温度の低い部分は青、温度の高い部分は赤で表示して、特に右端の温暖化部分が強調される様に見えます。そして、赤字でぽつりと書いた『中世の温暖期』を、実際の時代からはかなり遅い部分、14世紀中ごろに示していて、これも視聴者に誤解を与えます。こういった表示をしている事から、ゴア氏には『中世温暖期は実質なかったに等しく、しかも過去1000年に比べて現代が急激に、しかも過去よりもはるかに温暖化した』という印象を、必要以上に与えようとした意図があったと考えられても、仕方ないでしょう。
Those two figues above are about the temperature change of the past 1000 years used in the book version of "An Inconvenient Truth", and the same expression is used in the movie. But the original shape of the graph is like two figures below, especially the right figure is seem to be used. But in Gore's hockey-stick, the most of the standard deviation part colored yellow and of the warmer part than the mean of the temperature anomaly "0.0", are deleted. And the cooler part is colored blue, the warmer part is red, the warming part in the right edge looks especially emphasized. And the small red letter of "medival warm period" is written in the middle of 14th century which has a lot of time lag from the actual period, which will give the audience mis-inpression. Because Mr. Gore is showing in such a way, it can not be helped that Mr. Gore had an intension to give the audience an impression much more than necessary, that the medival-warm-period almost did not exist and it got much warmer and rapidly than any of the past 1000 years.


◇Upper Left : IPCC-Third Assessment Report
◇http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/slides/05.16.htm
◇左図:IPCC第三次報告書


◇Upper Right : Northern Hemisphere Temperatures During the Past Millennium: Inferences, Uncertainties, and Limitations / Geophys. Res. Lett. 26, 759–762 (1999)
◇http://www.ncdc.noaa.gov/paleo/pubs/millennium-camera.pdf

◇右図:過去1000年の北半球の気温:結論と不確実性、そして限界について


そういう『印象操作』を意図していた事が伺える上、実は、この1000年間の温度変化のグラフ(通称ホッケースティックグラフ、以後”MBHグラフ”)自体に大きな問題がある事は、既に各方面から指摘されていました。それまでの常識、『中世温暖期=気候最適期』を否定するに等しい事だったからです。この中世温暖期については歴史で学んだ方はいらっしゃるでしょう。2003年3月にはハーバードの宇宙物理学者らから、過去1000年の気温再構築に関し、100件程の論文を調査した結果、20世紀が特に温暖な時代では無かった、と結論した論文が発表されています(この内容を簡単に一覧にした説明がこちらにあります)。
It is suspectable that Mr. Gore tried to give such a baised impression, and this temperature graph of the past 1000 years (so called hockey-stick graph, I call this "MBH-graph" from now) had been already pointed out to have a serious problem in itself. Because it was the same to deny commonly-known medival warm period = a climate optimum. Some people have probably learned the medival warm period in the history. In March 2003, the Harvard astrophysicists presented an article which concluded that the 20th century was not especially warmer than the past by re-investigating about 100 articles concerning temperature reconstruction of the past 1000 years. (Here is the explanation simplifying the content in a table)

◇Reconstructing Climatic and Environmental Changes of the Past 1000 Years: A Reappraisal / Energy & Env. 14, 233-296.
◇http://www.kolumbus.fi/boris.winterhalter/EnEpreprintFeb03.pdf

◇過去1000年の気候と環境変化の再構築:再鑑定


当然上記以外にもMBHグラフに対する反論が上がり、2005年2月のウォールストリートジャーナルにも、この問題が報道されていました。マンらから提示されたデータやアルゴリズムだけでは、MBHグラフがどうしても再現出来ない、という問題も指摘されていました。遂に2005年6月には米議会からこの論文の第一執筆者マイケル・マン氏や、IPCC議長のラジェンドラ・パチャウリ氏らに、このMBHグラフ研究について質問状が送られました。2005年7月のマンの返答では、全てのデータは公表していて、かつ独自のプログラムは個人の所有だから公表できない、という返答が議会に対してありました。ここまでの顛末でも容易に想像できる通り、つまりは疑惑だらけのMBHグラフだったのです。こういった状況下、米科学アカデミーも第三者の統計学者を召喚する事で対応。そして、2006年7月には、統計学者の大家ウェグマン氏から、MBHグラフはデータ捏造による結果、とするレポートが、最終的に議会へ提出されました。
Spontaneously, some other criticizations over the MBH-graph came out, this issue was reported in the Wallstreet-Journal in February 2005. The probrem was also pointed out that the MBH-graph was not able to be reproduced by all means with only the data and the algorithms provided by Mr. Mann. In June 2005, the U.S.-Congress eventually sent letters to Mr. Michael Mann of the first auther of the article and Mr. Rajendra Pachauri of the IPCC-Chairperson and other related scientists, questioning about the MBH-graph study. In the Mr. Mann's reply congress in July 2005, he said that all the data was provided, and his original program was not able to be disclosed due to his own property. As we can easily imagine by only these stories, the MBH-graph was full of doubt. Under such a background, the US National Academy of Science responded to summon statisticians of the third party. In July 2006, a report which defines the MBH-graph was the result of data fabrication, was finally presented to the congress by the leading statistician Dr. Wegman.

つまり、ホッケースティックグラフは捏造である可能性が非常に高い事は、少なくとも映画の上映よりも半年以上も前にわかっていた事だったのです。そして結局、そうだったのです。
In short, the high likelihood that the hockey-stick graph was a fabrication has been already known at least half a year before the movie show started. And it was, after all.

すでにそういう状況であったにも関わらず、アル・ゴアは意にも介せず、このホッケースティックグラフを使用。2006年1月にはこの映画の試写会を行い、そして2006年5月にロスとニューヨークを皮切りロードショーを開始、全世界で上映され日本では2007年1月に上映放映されました。その後の世界中の温暖化騒ぎは、みなさんがよくご存じの所だと思います。
Though such a situation already, Mr. Al Gore used this hockey-stick graph with ignoring its probrem. A preview in January 2006, and the road show began in Los Angeles and New York in May 2006, then world-widely. Shown in Japan in January 2007. You know quite well about the world-wide hysteria on global-warming after that.

ウェグマン氏から最終結論を報告したレポートが議会に提出されたのは2006年7月の事です。日本での上映はその後でした。つまり、既にウソだと、しかも完全に否定されていた気温再構築データを用いた映画を堂々と放映された、という事になります。
It was July 2006 when Dr. Wegman presented the report of the final conclusion to the congress. The show in Japan began after that. Therefore, the film was dignifiedly shown which was using the false reconstructed temperature data which had been already known as a lie and had been totally discredited.


これまでの話をまとめると、これら2つの大ウソ、『CO2説の証明に全くならない氷床コアのデータ』と『ホッケースティックグラフ』が映画では使われていたのです。
To conclude these stories above, those two big scams, "the ice core data totally unable to prove the CO2 warming theory", and "the hockey-stick graph", were used.

過去の気温再構築について、代表的なエビデンスを、以下に紹介しておきます。
The belows are the typical evidences of the past temperature reconstruction.



◇The Little Ice Age and Medieval Warm Period in the Sargasso Sea. / Science 274: 1504-1508.  (This figure itself is referred to this article.) 
◇http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/274/5292/1503 
◇サーガッソ海における小氷河期と中世温暖期 (この図自体は、こちらの論文から引用しています

◇Past Temperatures Directly from the Greenland Ice Sheet / Science 282: 268-271.
◇http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/282/5387/268

◇グリーンランドの氷床から直接得た過去の気温変化


Realclimate.orgのマイケル・マンらによるホッケースティックグラフのデータ捏造とその解明に関する顛末についての説明はこちらのページ
Click this to the explanation of the disclosure and the stories about the hockey-stick data fabrication by Micheal Mann et.al of Realclimate.org


『3』故に、温暖化が人類のせいである、というアル・ゴアの説明は崩壊しますので、彼の説明範囲では気候変動やその影響自体も人類の責任ではありません。つまり詐欺です。更に、それぞれ説明されている現象自体も、実際には気温変動とは相関しない、つまり無関係であるものも多分に含まれています。
Therefore, Mr. Al Gore's theory of man-made global warming has crumbled, human is not also responsible for the climate change and its influence in his explanations. Simply, it is a fraud. Moreover, so many scarely phenomena explained respectively, which do not actually correlate with the temperature change, were contained in the film.

ちなみに、既にIPCCは2001年発行の第三次報告書において、アル・ゴアが用いた南極氷床コアとホッケースティック、2つの研究を用いて、人為的温暖化説を強力にプロパガンダしていました。アル・ゴアはこの報告書の内容を、そのまま使用しただけだった、とも言えます。ですから、少なくともこのIPCC3次報告書による『人類が引き起こした温暖化』という根拠自体が詐欺となります。つまり、IPCCは科学者の集団を装っていながら、デッチ上げの報道を行う機関である、という認識をこの顛末を知った一般人は持ってしかるべきです。


In addition, IPCC already propagandized vigorously man-made global warming theory with the third assessment report in 2001 by using the antarctic icecore data and the hockey-stick which Mr. Al Gore also used. It can be said that Mr. Al Gore simply used the imformation of the report only. Therefore, at least, the basis of the man-made global warming theory in the IPCC third report turns into a fraud itself. So the IPCC dresses up like the group of scientists, it is only a hoax-broadcasting organization. People should recognize it after knowing this story.

最たるウソは、ゴアにしても、IPCCにしても、また便乗する科学者らにしても、『20世紀後半以降の地球温暖化の原因は人類が放出したCO2であり、それには科学的なコンセンサス=合意がある』と言っている事です。他にも、『この合意に懐疑的な科学者は世界に数名しかいない』、『温暖化が人類のせいでないと信じているのは、地球が平面であるといまだに信じている変人と同じくごく僅かである』、『人類のせいによる温暖化を否定するのは、ホロコーストを否定するのと同罪だ』など、あらゆる汚名のレッテル張りの言葉があります。これらはすべて嘘です。何故なら、既に9000名の博士号を含む30000人以上の科学者らが、『地球温暖化は人類の責任ではなく、また温暖化はあらゆる生物にとって有益ですらある』と署名されている事実が示す通りだからです。また、IPCCの報告書やゴアが映画で主張する温暖化の影響としているあらゆる現象についても、この署名者の根拠となっている論文で大所は論破されますので、ぜひ一読をお勧めします

The most typical lie made by Mr. Gore, IPCC, and the scientists of their side, is that "the cause of global warming after the middle of 20th century is the CO2 emitted by human activity, and there is a scientific concensus". And others are, "There are only a few skeptic scientists for this concensus", "People Who still believes that human is not responsible for global warming is the same as quite a few nuts who still believe the earth is flat", "Denying man-made global warming is a same crime denying holocaust", and so on. They have many lines to smear. But these lines are all lies. Because the fact tells it that the scientists more than 30000 including 9000 Ph.D have already signed a petition to proclaim that global warming is not human's responsibility and is instead beneficial for various kinds of creatures. And the various phenomena insisted by the IPCC report and Gore's film that which are caused by global warming, are refuted on the crucial points by the article on which is the basis of these signers. So recommended to read this.


結論:ゴアやIPCCの用いる様な、ウソを重ねて一般市民を洗脳しようとする方法は、まさにただのプロパガンダでしかありません。彼らの方こそが正真正銘のウソつきです。
Conclusion : It is only a pure propaganda of Mr. Gore and the IPCC to brainwash ordinary people by piling up lies. They are the authentic liers instead.